マッチファン
 

ヘッドハンティングの手紙が届いたらどう対処を?

今も昔も、ヘッドハンティングの声かけと言えば手紙。
住所など調べるのはたやすいものです。

1.必ず返信をする


返信をしなくても必ずヘッドハンターから連絡が届きます。
返信が無くて諦めるようなヘッドハンターはいない。
そのため、どうせ連絡が来るのだから、こちらからしておきたい。

メールアドレス・電話番号は書かれてあると思いますので、
都合の良い方法で連絡しておきましょう。

ヘッドハンターとしても、相手から連絡があると気合いが入るようです。

2.家族に言っておく


手紙を送るということは、いつでも自宅に行けるということ。
実際に自宅に出向くヘッドハンターは多いです。
そのため、もし妻・夫がいれば、ヘッドハンターが来る可能性がある旨を伝えておきたい。

電話をして断ったとしても、来る可能性は十分にあります。
良い人材なら何度も説得に挑戦するものです。
相手も必死なのでそう無礼な対応はせず、しっかりと話し合いをしたい。

3.今後の連絡先を伝える


住所は知っていても、携帯の番号やメルアドは知らない。
もし今回は断るとしても、今後の連絡先は交換しておきたいものです。
次の話しはとても魅力的かもしれない。

自分自身も会社でどう転ぶかわからない。
そんな時、いつでもヘッドハンターに相談できると役立ちます。

これっきりの話しではなく、今後も付き合いたいという手紙。
そう考え、全てがプラスになる対応をしたい。

一応、大手のヘッドハンティング会社も知っておきましょう。
こちらの一覧を。ヘッドハンティング会社一覧

<記事一覧>
ヘッドハンティングの話し



マッチファン