マッチファン
 

ヘッドハンティングのメールは注意

会社のメルアドにヘッドハンティングのメールが届く。
最近はメールで連絡するヘッドハンターも増えてきているようです。
気を付けたいことを少々。

1.本当にヘッドハンティングか?


名刺など、連絡先がメルアドしかないときはメールでの連絡になるようです。
が、重要なヘッドハンティングの場合はそんなことはしません。
待ち伏せしてでも会うのがヘッドハンター。

連絡がメールだけという時点で、重要ではないと考えられます。
もしかしたら人材紹介会社の宣伝かもしれません。
「会員登録しませんか?」だと間違いなくそれ。

基本的には相手の会社名が書いているはずなので、
検索してどんな会社かを調べましょう。

2.メールはすべて見られている


メールの送受信は会社で管理されています。
そのため、「お会いしましょう」なんて返信すると大問題。
絶対に会社のメールでの連絡は止めてください。
自分の携帯で電話かメールをしましょう。

あと、誰であろうと言わない方が良いです。
どんな噂が広まるかわかりません。

3.具体的過ぎる話しには注意


相手の顔も見ず、「あなた次第」のようなことは言いません。
最初は面談をして、相手を確かめるのが普通です。
「一度お会いしたい」程度の内容なら信じるようにしたい。

そのような具体的過ぎるメールの場合、定型文である可能性もあります。
誰にでも通用する文章であれば、無視しても良いでしょう。
自分宛に一から書いた文章だけを信用したい。

美味しい話しの可能性も十分にありますので、
一応はきちんと対応しておきましょう。

ヘッドハンティング会社はこちらを参考にしてください。
ヘッドハンティング会社一覧

 

次:ヘッドハンティングの手紙が届いたらどう対処を?

<記事一覧>
ヘッドハンティングの話し



マッチファン