マッチファン
 

キャリアカーバーを使いこなすコツ

キャリアカーバー

 

登録は無料だから、とりあえず登録して、放置かな、
・・・という使い方はダメです。
これから書く3つのコツを意識して使ってみてください。

公式HP「キャリアカーバー

1.ログインは毎日する

 

まず、「今も転職活動をしている人かどうか?」をわかってもらわないといけない。
その確認となるのが「最終ログイン日」です。

最後のログインから1年も経っているようなユーザーは、
さすがにもう「転職活動はしていないな」と判断されます。
魅力的な職務経歴書なら声がかかるかもしれませんが、普通は無いと考えたい。

この簡単なことでやる気をアピールできるので、積極的にログインをしていこう。

2.職務経歴書は新たに書く


採用面接の職務経歴書を登録するのではなく、
ヘッドハンターに向けた職務経歴書を書きます。

いかにスキルや役職をアピールするか?となるので、
普通なら書かないような細かいことまで書きましょう。

どんな仕事のリーダーをしてきたか?というのは大事なので、
どんな小さなプロジェクトのリーダー経験も書いてありたい。
「お、これは!」と思わせたら声がかかります。
小さなことでも、どんぴしゃな人材が見つけたいもの。

3.前向きな転職理由を


キャリアカーバーはキャリアアップを目的とした人材を求めています。
「上司が嫌だから転職する!」とかいう人は対象外です。
まぁ、実際はそうであっても、転職理由はヘッドハンターが好むことを書きたい。

できれば、「こういうキャリアを積んで、最終的にはこれがしたい!」と、
キャリア計画もわかるようにすると良いです。
ヘッドハンターも長い付き合いを望んでいるので、その理想の人材になりたい。

ちなみに、ヘッドハンターは転職に成功させると報酬を貰える仕組みなので、
優秀な人を長くサポートして、何度も転職させると儲かるので美味しい。

そういうヘッドハンターの気持ちを考え、
職務経歴書などを書くのがコツです。

公式HP「キャリアカーバー

<記事一覧>
ヘッドハンティングの話し



マッチファン