マッチファン
 

ヘッドハンティングの断り方

ヘッドハンティングは断る人の方が多いです。
断られて当たり前、ヘッドハンターもそんな気持ちです。

だからと無計画に断るのは避けたい。

1.自分自身を知ってもらう


ヘッドハンターは断られても、また次回に声をかけたいと思っています。
そのため、「また会いましょう」という別れ方をするのが普通です。
しかし、それは相手のスキルや役職を把握している場合。

何も教えなかった場合、次回に声をかけるのが難しい。
したがって、どんなお誘いであれ一度は面談をして、
自分を知ってもらった上で断るのが良いでしょう。

2.人間性の良さを伝える


人材選びはスキルや経験だけではありません。
人間性が一番大事とも言えます。

へッドハンターは依頼元の企業に声をかけた人を紹介するのですが、
さすがに人間性が悪い人は紹介できません。
「こんなやつを連れてきやがって!もう二度とお前のところは使わん!」と言われてしまう。

少々スキルが足りなくても、人間性で補うことができます。
「良い人ですよ」と伝えてもらう、そんな人間性を伝えてから断りたい。

3.連絡先を交換する


お互いに連絡方法を交換し、いつでも声をかけられるようにしておきたい。
都合の良いメールアドレスや携帯の番号など、
今後の連絡手段を取り交わしておくのが良いです。

ヘッドハンターがあんまり付き合いたくない人だったとしても、
基本的にはヘッドハンティング会社で情報共有されますので、
また別の人から声がかかる可能性もあります。

転職でのスキルアップにはヘッドハンターの友人が必要。
アメリカではそれが常識なので、大事にしておきたい。

一応、大手のヘッドハンティング会社も知っておきましょう。
こちらの一覧を。ヘッドハンティング会社一覧

 

次:ヘッドハンティングのメールは注意


<記事一覧>
ヘッドハンティングの話し



マッチファン