マッチファン
 

ヘッドハンターとの面談での心構え

ヘッドハンターはとにかく会いたがります。
会ってみて初めてその人を理解できる、と。

面談のプロ中のプロとも言えるヘッドハンター。
どう対応するのが良いか?

1.同等の立場でいること


ヘッドハンターよりも立場が上と思ってはいけない。
あなたのスキルや人間性の見極めのための面談です。
「俺が欲しいのか?高いぞ!」という態度は絶対にダメです。

かといって、下の立場でもありません。
お互いにビジネスの場としての面談でありたい。

求めていたスキルと違い、やんわりと断られるのは良いとして、
人間性がダメで断られるのは損です。
今後、一切声がかからない。

2.事実を伝える


ありもしないスキルを伝えると、ヘッドハンターは信じてしまいます。
そうして騙してヘッドハンティングされたとしても、入社後に活躍できない。
そうなると最悪はクビです。

多少の自慢は良いのですが、あくまでも事実であるのが前提。
ヘッドハンターに事実を伝えて、検討してもらう。

ヘッドハンターは複数人に声をかけているので、
そのほかの人と比較して、一人を選びます。
この比較のサポートとなるよう、正確に事実を伝えたい。

3.また声をかけてください


たった一回のヘッドハンティングが最高の条件とは限りません。
できる人は何度も声がかかり、そのたびに検討するものです。
だから、今回がダメならまた次に期待をしたい。

これっきりの対応にしてしまうのはもったいないです。
ヘッドハンターから声をかけやすい人になりたい。

そのためには、謙虚であることも大事。
取引先との面談と同じように考えていきたい。

 

次:ヘッドハンティングの断り方

<記事一覧>
ヘッドハンティングの話し



マッチファン